HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬】後発品の苦情情報収集へ‐「無菌調製」でモデル事業

2013年4月18日 (木)

 東京都薬剤師会は、後発品の使用促進に向けた環境整備を図るため、現場での具体的な問題点を拾い上げることを目的に、会員に情報提供を求めていく。注文してもなかなか後発品が入手できないといった流通問題など、会員から「後発品の安定供給に関する苦情」という形で、情報を収集する。12日の定例記者会見で明らかにした。今年度から大学病院の所在地である2地区薬剤師会で、注射剤無菌調製手技取得を目的としたモデル事業を行う。

 東京都の後発品の数量シェアは、2012年9月現在で25・3%で、全国平均28・7%から3・4ポイント低く、都道府県別では下から4番目という状況にある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録