HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】鳥インフル(H7N9型)疑い患者の対応まとまる

2013年4月19日 (金)

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の死者や感染者が確認されていることを受け、厚生労働省は15日、国内で感染が疑われる患者が発生した場合に、医療機関や保健所、地方衛生研究所が取る標準的な対応をまとめた。

 標準的対応では、医療機関を訪れたインフルエンザ様症状の患者が、▽38℃以上の発熱と急性呼吸器症状がある▽臨床的または放射線学的に肺炎や急性呼吸窮迫症候群(ARDS)が疑われる▽発症前10日以内に中国への渡航または居住歴がある――の要件を全て満たした場合、医療機関は保健所に患者の情報を提供する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録