HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚HD】樋口社長「1年前倒しで中計目標達成」

2013年5月20日 (月)

癌・中枢で事業多様化図る

樋口氏

 大塚ホールディングスの樋口達夫社長兼CEOは、中期経営計画の進捗状況を説明し、2012年度の医療関連事業が計画対比で190%と好調に推移していることを明らかにした。最終年度となる13年度を前に、中計目標を上回った格好。樋口氏は、今後の方向性について、「15年以降を見据え、抗精神病薬のエビリファイに依存した医薬品事業から脱却し、中枢神経系・癌を中心とした事業の多様化を目指していきたい」と語った。

 今中計では、13年度に医療関連事業で売上高8470億円、営業利益2000億円を目標としていたが、12年度時点で売上目標に到達。為替影響を強く受けたアジアを除き、日米欧で計画を上回る進捗を見せた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録