HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】畑中社長「研究体制再編で創薬強化」

2013年5月20日 (月)

細胞治療を本格化

畑中氏

 アステラス製薬の畑中好彦社長は、研究体制を再編して新薬創出力を強化する方針を示し、「外部環境の変化に柔軟に対応できるように、これまで自社研究が中心だった資源配分を見直す」と述べた。また、新技術への挑戦として「再生医療の取り組みを本格化し、競争優位を確立したい」とも語り、これまで進めてきた再生医薬研究に加えて細胞治療に乗り出す考えも明らかにした。

 研究体制の再編は、外部資源のさらなる活用、新規領域と新技術への取り組み、有望な前臨床開発プロジェクトの加速、後期臨床プロジェクトへの資源投下を目的に実施する。具体的には[1]「アステラス・イノベーション・マネジメント(AIM)」の設置[2]研究マネジメント体制の強化[3]研究プロセスの複線化[4]研究機能の最適化――が柱。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録