HOME > 無季言 ∨ 

利益相反問題

2013年7月1日 (月)

◆バルサルタンをめぐる利益相反問題を受けてノバルティスファーマは、バルサルタン関連講演会は6月から8月まで3カ月間自粛している。さらに、きょう1日から5日までは学会共催のセミナーを除いて全ての医療用医薬品に関するプロモーション活動を全面停止する
◆ノバルティスが実施している外部の専門家による調査は継続中で、結果が出るまで詳細は不明だが、問題とされる医師主導臨床研究が始まった当時、利益相反を明確に規定したガイドラインや社内規定がなかったことは事実のようだ
◆今では臨床研究に関する倫理指針が整備され、企業側もコンプライアンス遵守が厳しく問われる時代になった
◆医薬品は一般の消費財とは異なる生命関連商品で、製薬企業も研究者も極めて高い倫理観と公平性を持って研究開発に当たることは当然だろう。科学的な信頼性に疑問が生じるようなことがあってはならない。ルールを明確にする必要もある。ただ、ルールに定めていないことを、どこまで追求すべきかを考えることも必要ではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録