HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

日薬連盟児玉会長、参院選の木村氏敗因分析‐「名前浸透に時間かかる」

2013年07月30日 (火)

 児玉孝日本薬剤師連盟会長は、先の参議院選挙結果を振り返り、「全国比例区は地元で票を獲れないと難しい。名前を書く選挙は、浸透させるのが大変」とし、初の国政選挙に打って出た木村隆次氏の主な敗因を分析した。ただ、「1月からのスタート。よくやった方だと思う」と、厳しい環境の中で木村氏が奮闘したとの考えを本紙に語った。

 児玉氏は今回の参院選が、そもそも論として組織内候補を立てて戦う方針ではなく、他の推薦候補を応援する選挙であり、「石井道子議員の時代からの延長線上にある。今回の選挙は、本来は衛藤晟一候補を応援する選挙だった」とした。その背景には、3年前の藤井基之氏の再チャレンジ時に、民主党優勢で自民党への厳しい逆風の中、衛藤陣営の協力・支援があった。そこで当初から、「衛藤氏を応援することが本来的な方針であった」と改めて強調した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報