HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱】14年3月期中間決算「国内医療用の苦戦で売上横ばい、営業減益」

2013年11月5日 (火)

 田辺三菱製薬の2014年3月期中間決算(連結)は、多発性硬化症治療薬「ジレニア」のロイヤリティ収入があったものの、国内医療用医薬品の減収が響き、売上は横ばい、営業利益と経常利益は減益となった。

田辺三菱製薬(2014年3月期中間)

 医薬品事業は、前年同期比0・7%増の2020億円だった。国内医療用医薬品は、抗ヒトTNFα抗体「レミケード」が6%増の390億円、ワクチン群が10%増の140億円、新製品の抗リウマチ薬「シンポニー」と抗うつ薬「レクサプロ」が伸長したが、後発品の影響拡大やジェネリック医薬品事業の提携解消などが響き、3・2%減の1709億円となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録