HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

COX‐2選択的阻害剤‐「セレコックス」発売

2007年6月12日 (火)

セレコックス錠
セレコックス錠

 アステラス製薬とファイザーは今日12日、非ステロイド性抗炎症・鎮痛剤(NSAIDs)「セレコックス錠」(一般名:セレコキシブ)を発売した。適応は、関節リウマチと変形性関節症。炎症、疼痛に関わるCOX‐2に選択的に作用する。

 同剤は1999年に米国で発売、既に100カ国以上で承認されている。海外では日本より適応は広いが、ファイザーによる売上高は20億3900万ドルに上る(2006年度)。

 日本では、両社2200人のMRで販促するが、適応症が限られていることや安全性の徹底から専門医を中心に「適正使用の推進を最優先」とするという。売り上げ見込みは初年度は20億円(決算ベース)、将来的には中医協に提出している資料ではピーク時8年目に150億円(薬価ベース)としている。

 薬価は100mg1錠83.70円、200mg1錠128.90円。関節リウマチには1回1000200mgを1日2回、変形性関節症には1回100mgを1日2回投与する。

 日本では、2002年に承認申請されていたが、COX‐2阻害剤の長期使用で心血管系疾患の発症率が高まったという海外での報告があり、審査が遅れ、承認は今年1月。国内使用では投与量が低く、臨床試験では問題となるような副作用は認められていないが、警告欄に心血管系リスクを明記し、注意喚起することになった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録