HOME > 企画 ∨ 

【製薬産業】再生・細胞医薬を本格化‐初のiPS実用化目指す 大日本住友製薬

2013年12月6日 (金)

木村氏

木村氏

 iPS細胞由来再生医療で製薬業界の先頭を走る大日本住友製薬が、再生・細胞医薬の実用化へアクセルを踏んだ。中心となるのは9月に動き出した「再生・細胞医薬事業推進室」(Regenerative and Cellular Medicine Office:RaCMO)で、木村徹室長は「最先端の発生生物学をベースとするこの分野は、低分子化合物以上に“死の谷”が深い。先行するアカデミアの主導で共同研究を進めることが、当面の探索アプローチ」と話す。

 同社は今年度からの中期経営計画で、再生医療・細胞医薬の本格化方針を打ち出した。今後10~20年後の市場規模が1~2兆円と見込まれ、医薬品市場全体からすれば大きくないが、同社にとっては魅力的で、日本の優位性を生かせる上に、治療薬のない疾患で貢献できることも好材料になった。

 何より旧住友製薬から20年以上の歴史がある。業界内におけるポジションの背景にも「十分な助走期間があった」と木村氏は言う。


この記事は、「薬事日報」本紙および「薬事日報 電子版」の2013年11月13日号に掲載された記事です。記事の続きは、「薬事日報」本紙、「薬事日報 電子版」でお読みいただけます。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録