【新製品】ダットスキャン 日本メジフィジックス

2014年1月31日 (金)

 「ダットスキャン静注」(一般名:イオフルパン[123I])は、脳内の黒質線条体ドパミン神経の終末部に存在するドパミントランスポーターの分布を画像化し、パーキンソン症候群とレビー小体型認知症におけるドパミン神経の変性・脱落を評価する脳疾患診断薬。疾患の診断精度の向上や治療方針決定に貢献する。

 GEヘルスケアが世界34カ国・地域で承認を取得しており、欧米では標準的診断法に位置づけられている。

 成人には1バイアルを静脈内投与し、3~6時間後に頭部のシンチグラムを得る。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録