3月に千葉市で学術大会 日本臨床腫瘍薬学会

2014年2月24日 (月)

 日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)は学術大会2014(大会長・加藤裕芳東邦大学医療センター大橋病院薬剤部長)を3月21、22の両日、「薬剤師が創る虹の架け橋―がん患者に安心して治療を受けてもらうためのファーマシューティカルケアの確立」をテーマに、千葉市の幕張メッセで開く。

 堀田知光氏(国立がん研究センター理事長)による「最新のがん医療において薬剤師に期待するもの(仮)」、大津敦氏(国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長)による「わが国における新薬開発の現状(仮)」、長谷川剛氏(自治医科大学病院)による「がん医療におけるリスクマネジメント(仮)」の特別講演のほか、日本在宅薬学会共催シンポジウム「共同薬物治療管理―医師と薬剤師の新たな連携」、薬物動態セミナー、シンポジウム、一般演題などを予定している。

 JASPOでは病院薬剤師と薬局薬剤師が協働し、がん患者をサポートしていく体制の実現を目指しており、今大会でも薬局勤務薬剤師に向けて、JASPO薬薬連携委員会セミナー、企業共催セミナーとして「地域薬局における抗癌剤等薬の現状と問題点」「外来がん化学療法における薬薬連携」、企業共催ワークショップでは保険薬局における無菌調製入門として、「無菌調製ロールプレイ」「保険薬局における無菌調製施設と設備」「保険薬局における無菌調製の実際」など関連企画を行う。

 シンポジウムは、▽がん薬物療法における薬局での連携―電子カルテ利用を考える▽患者さんやその家族から情報を引き出して行う服薬指導▽実際に訪問している保険薬局薬剤師からの現状と課題そして提言――などを予定している。

 問い合わせ先は、同大会運営事務局(TEL03・6891・0231、E-mail:jaspo_2014@nta.co.jp




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録