HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】偽薬・脱法ドラッグ対策の強化‐推進会議で議論開始

2014年4月14日 (月)

 厚生労働省は10日、「偽造医薬品・指定薬物対策推進会議」の初会合を開き、偽造医薬品の流通や脱法ドラッグの取り締まりを強化するための議論をスタートさせた。

「偽造医薬品・指定薬物対策推進会議」

「偽造医薬品・指定薬物対策推進会議」

 会議は、一般薬の新たな販売ルールを規定した改正薬事法が6月12日に施行され、一般薬の大半がインターネットで販売できるようになることを受け、ネット上で偽造医薬品や脱法ドラッグなどの販売が拡散することを防ぐため、医師や薬剤師、都道府県の薬事監視担当者、製薬企業関係者などに意見を求め、厚労省の施策に役立てることを目的としている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録