HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【テバ/武田薬品】抗パーキンソン病薬の国内製品化で提携

2014年4月30日 (水)

 イスラエルのテバファーマスーティカルは自社開発したパーキンソン病治療薬「ラサジリン(一般名)」について、武田薬品と日本における製品化に関する契約を締結した。ドーパミンを分解するモノアミン酸化酵素Bの働きを阻害して脳内のドーパミン濃度を高め、運動症状を改善する薬剤で、欧州や米国など世界40カ国以上で販売している。

 両社は昨年3月に、日本におけるテバの新薬事業で最初の薬剤として、多発性硬化症治療薬「グラチラマー酢酸塩(一般名)」に関するライセンス契約を締結しているが、今回、中枢神経系領域でも提携を結ぶことになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録