HOME > 無季言 ∨ 

地震への意識

2007年7月20日 (金)

◆「災害は忘れた頃にやってくる」という言葉が意味をなさず、かつての記憶や傷跡を鮮明に残したまま、またしても新潟県中越地方で震度6を超える大地震が起きた。前回の2004年10月に起きた中越大地震から3年も経っていない
◆一方で、冒頭の言葉が当てはまりそうなのが関東、特に首都圏だ。今回の大地震のように、首都圏以外の地方で起きた地震によって首都圏に住む人々も地震を意識する。大地震に備えることの重要性も感じるだろう
◆しかし、実際には何も起きずに時が流れると、そういった思いや意識が次第に風化してしまうのも事実だと思う。そしてある日、日本のどこかで大地震が起きたときに、防災の重要性を思い出す。そんなことを繰り返しているような気もする
◆人口や建造物が集中する首都圏が、大地震によって甚大な被害を受けるのは誰の目にも明らかだ。さらに、首都圏での大地震が遠くない未来にやってくるとの予測もある。「忘れた頃にやってくる」のではなく、「いつ起きてもおかしくはない」という気持ちを、首都圏に住む人々が常日頃から持ち続けることが大切だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録