HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】新規作用機序の不眠症薬登場‐ネフローゼ症候群オーファンも

2014年8月6日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は1日、新規作用機序を有する不眠症治療薬「ベルソムラ」など2件を審議し、承認を了承した。また、GLP‐1受容体作動薬の効能・効果のしばり解除など、3件の一変も報告・了承した。

審議品目

 ▽ベルソムラ錠15mg、同20mg(MSD):新有効成分のスボレキサントを含有し、不眠症を効能・効果とする。

 睡眠と覚醒に関係する脳内物質「オレキシン」の受容体にオレキシンが結合すると脳が活性化することが知られており、同剤は、オレキシン受容体を阻害することにより、脳を覚醒状態から睡眠状態へと移行させる新規の作用機序を有する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録