HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【京都後発品カンファレンス】最近のジェネリック薬の特徴紹介‐患者の利益へ知識充実図る

2014年8月11日 (月)

渡邉氏

渡邉氏

 京都府薬剤師会は、第2回京都後発品カンファレンスを3日、同会館で開催し、バルサルタン錠、ロサルヒド配合錠LD、ゾレドロン酸点滴静注液に関する各社のジェネリック医薬品(GE薬)の特徴をそれぞれのMRが紹介した。同カンファレンスは、年2回追補収載される各GE薬の特徴を紹介し、会員のGE薬採用の参考にすることを目的として企画している。

 はじめに渡邉大記副会長は、「医療の質を落とすことなく効率化を図るためのGE薬選択の役割は、薬剤師に託されている。私たちは患者さんの利益になるように、しっかりとその能力を養う必要がある」と呼びかけた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録