HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【生物研】角膜組織再現で新素材‐再生医療の実用化目指す

2014年9月29日 (月)

 農業生物資源研究所(生物研)は、東京大学病院と共同で、ブタのコラーゲンから生体適合性の高い角膜再生素材を開発した。新素材を足場にヒトの角膜内皮細胞を培養し、角膜内皮組織を作ることに成功。この成果をもとに東大病院では、視力低下で角膜移植が必要となる水疱性角膜症等の治療に向け、角膜再生医療の実用化を目指す。

 生物研は、ウシのコラーゲンとウシ血清を含んだ培養液からコラーゲンビトリゲルを開発した。今回、これを角膜の再生医療用素材として実用化するため、ブタのアテロコラーゲンとウシ血清を含まない無血清培養液から、透明性に優れた半球面形状のコラーゲンビトリゲル膜の新素材を開発した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録