HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士通】IT創薬、国内でも弾み‐癌標的蛋白に高ヒット率達成

2014年9月29日 (月)

左から松本氏、紙谷氏

左から松本氏、紙谷氏

 富士通は、東京大学先端科学研究所、興和との共同研究を通じて、スーパーコンピュータの計算能力を活用し、実験なしで癌の標的蛋白質に高い阻害活性を示す新規低分子化合物の設計に成功した。富士通未来医療開発センターエグゼクティブリサーチャーの松本俊二氏は本紙のインタビューに、「従来の実験手法とほぼ同等の活性を示し、実験では出てこないような新たな化合物をつくることができた。スパコンが持つ計算パワーが大きく寄与した」と意義を語る。

 同社は、2004年にIT創薬を手がけ、今年で10年を迎えた。東大先端研と興和の3者による共同研究では、癌標的蛋白質に対してコンピュータ上で148個の化合物を設計し、二つのヒット化合物を得た。未来医療開発センター研究開発統括部バイオIT開発部マネージャーの紙谷希氏は、「失敗の繰り返しだった。製薬企業からも認めてもらえる成果」と胸を張る。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録