HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬】米ベンチャーを4200億円で買収‐神経疾患領域に本格参入

2014年12月8日 (月)

樋口社長

樋口社長

 大塚製薬は、総額35億3900万ドル(約4200億円)で、米バイオベンチャー「アバニア・ファーマシューティカルズ」を買収すると発表した。公開買付完了後に完全子会社化する予定。世界で唯一の情動調節障害(PBA)治療薬「ニューデクスタ」に加え、アルツハイマー型認知症(AD)に伴う行動障害適応で第III相試験準備中の「AVP‐876」を獲得。大塚ホールディングスの樋口達夫社長は、2日の記者会見で、「大塚が強みとする精神疾患領域に、アバニア社の神経疾患領域を融合することで、中枢事業をさらに発展させていきたい」と語った。

 アバニアは1988年に米国カリフォルニア州に設立された中枢神経疾患に特化したバイオベンチャー。今年9月末時点の従業員数が485人、そのうちMRが300人以上を占め、自販体制を構築。13年度売上高は7500万ドルとなっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録