HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【カネボウ化粧品】高価格帯スキンケア市場がターゲット‐10月から「DEWスペリア」発売

2007年8月15日 (水)

カネボウ化粧品の新スキンケアブランド「DEWスペリア」
カネボウ化粧品の新スキンケアブランド「DEWスペリア」

 カネボウ化粧品は10月16日から、先進のテクノロジーと厳選された自然の恵みを結集させた新複合保湿成分を配合し、肌本来の“美しくなろうとする力”を最大限に引き出す新・大型高級スキンケアブランド「DEW(デュウ)スペリア」を新発売する。ターゲットは、エイジングケアに真剣に取り組む20代後半以降の全ての女性。接客要員を配置し、キメ細かなカウンセリング展開を通じて、拡大するドラッグストア販路での高価格帯スキンケアの存在感を高める。さらにイメージキャラクターには女優の松雪泰子を起用し、宣伝・販促面でも強化を図り、発売初年度で70億円を目指す。

 「DEWスペリア」のデュウは雫の意味と、Dynamic(活動的で)Energetic(活気に満ちた)Woman(女性)の頭文字に、「上質な」「超越した」を意味するスペリアを組み合わせたもの。同シリーズは化粧水、保湿液、クレンジングクリーム・オイル、洗顔料、美容液など全9品目13品種で、税込み小売価格は3675円から1万0500円まで。

 全品に配合しているのが「DEWエキスNS」(NSはニューサイエンスの略)。オレンジ果汁、オウバクエキス、加水分解酵素、ナイアシンB、ローヤルゼリーエキス、キョウニンエキスなど、様々な自然の恵みの力を結集した複合保湿成分で、毎日の紫外線や乾燥・外的刺激などによって受ける肌ダメージを防ぎ、健やかな素肌へと導く。このほか、コラーゲン、ヒアルロン酸からなる保湿成分「リファインフォース成分」、保湿力の高いメキシコ原産の植物「チューベロース」のエキスなども配合しているのが特徴。

 2004年から新会社としてスタートしたカネボウ化粧品では、「強いブランドづくり」を最重点課題に据え、チャネル別・年代別・市場別に抜本的なブランド改革に取り組んできた。今回の高級スキンケアブランド投入は、2010年までの成長戦略の中での「第二次ブランド改革」の第一弾で、年内にはさらに大型メイクブランドを第二弾として投入する計画。こうした第二次ブランド改革により、昨年末時点で6つあった100億円を超えるメガブランドを、2010年までには倍増させていく考えだ。

 知識賢治社長は「高価格帯のカウンセリングスキンケア市場は、化粧品に投資を惜しまない20代後半の女性の増加により、さらなる拡大が見込まれる成長市場だ。今後『DEWスペリア』ブランドの存在感を強く提案していきたい。当面、スキンケア領域においては、この新ブランドに宣伝販促費等のマーケティング投資を集中していく」とすると共に、「7月をもってカネボウ・トリニティ・ホールディングスが『クラシエ』に生まれ変わった結果、カネボウ化粧品がカネボウブランドの唯一の継承者となった。今後ともカネボウというブランドの価値向上に、全力で取り組んでいきたい」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録