HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】製配販連携で健食新市場創造へ‐研究会が第1回セミナーを開催

2014年12月19日 (金)

宗像氏

宗像氏

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)では、来年4月からスタートする新たな健康食品の機能性表示制度に対応すべく、新日本スーパーマーケット協会と連携して「健康食品市場創造研究会」を先頃発足させたが、この第1回定例研究セミナーが10日に都内で開かれた。予定される新制度では、サプリメントだけでなく加工食品や生鮮食品に至るまで、全ての食品に機能性を表示することが可能となり、同研究会では「これらを合わせると10兆円規模の新たなマーケットが創造されることが期待される」として、今後はドラッグストア、スーパーマーケット等の小売企業、メーカー・卸やストアサポートなど幅広い企業の参加を募り、新市場に対応したチャネル政策を進めていきたい考え。第1回セミナーでは、研究会の狙いや新表示制度の概要、日米のサプリメント状況などに関する講演が行われた。

 セミナーの冒頭、JACDS事務総長で同研究会の運営責任者でもある宗像守氏が、「健康食品市場創造研究会は、[1]食のもつ機能を活用し健康寿命延伸、セルフメディケーション推進に寄与する[2]製・配・販が情報共有し、業務の連携と連動で巨大マーケットを創造する[3]“健康食品カテゴリー”を育成するMD理論を構築し、成長企業を作っていく――ことが最大の目的」と説明した。主な活動では、「生活者、販売者、卸業者、製造者が共有するマーケティング/MDの実践」「顧客視点の販売方法、商品開発、商品提供方法の構築」などを挙げた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録