HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

腸内細菌科細菌の環境順応機構‐「酸化還元スイッチ」発見

2014年12月19日 (金)

細菌感染症対策の鍵として期待

 理化学研究所と東京薬科大学、姫路日ノ本短期大学の研究グループは、腸内細菌科細菌が腸内・体外の環境変化に順応することを可能にする、新規の分子メカニズムを解明した。この成果は、感染症を分子レベルで理解する上で、パラダイムシフトというべき、新たな概念をもたらし、そのメカニズムを標的とすることで、細菌感染症対策の鍵となる新規薬剤の開発につながることが期待できる。

 大腸菌、サルモネラ菌などの腸内細菌科細菌は、細菌感染症の約半数に関与し、下痢、嘔吐、食中毒、敗血症、尿道炎、髄膜炎、赤痢、肺炎、チフス、ペストなど、様々な疾病を引き起こす。これは腸内細菌科細菌が、腸内の嫌気環境と体外の好気環境のいずれの環境でも増殖できる「通性嫌気性」を持つことに由来すると考えられている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録