HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ファイザー】健康寿命、8割以上が認知‐実際と認識年齢には開き

2015年1月8日 (木)

ファイザー調査

 ファイザーは、65~70歳の男女600人を対象に健康寿命と予防に関する意識調査を実施した。その結果、健康寿命という言葉の認知は高かったものの、具体的な年齢までを認識している人は少なかった。また、65~70歳の人では、「おいしく食事ができる」ことが、健康を実感する上で最も重要な指標であることなども明らかになった。

 2014年10月1日に発表された平均健康寿命は男性が71.19歳、女性が74.21歳で、平均寿命(男性80.21歳、女性86.61歳)と大きな差があることが注目されている。今回の調査では、健康寿命の認知と高齢者が自分の健康に対してどのような指標を持っているのかを明らかにすると共に、日常生活動作の低下につながる肺炎や、予防接種に対してどのように認知しているか等を調べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録