HOME > 無季言 ∨ 

「希少がんホットライン」を中心に

2015年4月27日 (月)

◆現在、厚生労働省は、肉腫やメラノーマなど希少癌の医療や支援のあり方をめぐって検討を進めている。欧州では「年間人口10万人当たり6人未満」に発症する癌種と定義されている。患者の少なさゆえ、有効な診断や治療が確立していないのが特徴だ
◆そのような中、昨年6月に開設した国立がん研究センターの「希少がんホットライン」に注目が集まる。患者の心理的ケアや治療の手助けを行う電話相談サービスで、既に国外を含め1200件以上の相談が寄せられた
◆ホットラインは、患者のニーズと医療者側の情報をマッチングさせ、次のステップに患者をつなげる役割を担っている。同センターでは、今後、電話相談のプロトコールを作成すると共に、院外ネットワークと連携を強化し、患者に適切な医療機関を紹介する仕組みを構築したい考えだ
◆希少癌のキーは、医療の均てん化と集約化のバランスにある。ホットラインを中心としたインフラ整備を進め、患者が地域社会で安心して治療を受けられる体制がいち早く望まれる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録