HOME > 無季言 ∨ 

生息している魚がわかる技術

2015年8月7日 (金)

◆海や川の水をバケツ1杯程度の量だけで、そこに生息する魚の種類が分かる技術が開発された。科学施術振興機構の事業の一環として、千葉県立中央博物館や東北大、東大、沖縄美ら島財団、神戸大、龍谷大、北大の研究グループによる成果だ
◆この技術は、最近明らかになった魚から粘液や糞などと共に水中に放出されたDNA(環境DNA)を調べるというもの。魚類880種類から得られたミトコンドリアゲノム全配列から、どんな魚にも共通する二つの保守的なDNA配列と、種類の識別ができる「違い」のある配列を探し出し、この領域をPCRで分析した
◆沖縄美ら海水族館の水槽水や近隣する珊瑚礁域から取った天然海水などを調べ、そこに生息する魚類を計232種(70科152属)が検出できた。参照比較するDNA配列データがさらに充実すれば、生物多様性モニタリングが簡単にできるようになるという
◆医学領域から生み出されたPCRだが、いろいろな分野に応用され、大きな成果が得られていることは喜ばしいことだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録