HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】海外企業と提携‐外部技術を積極導入

2016年1月19日 (火)

 武田薬品は、今年に入り欧米のバイオベンチャーと相次いで、重点領域である中枢神経系、消化器領域での創薬共同研究契約を結んだ。導入先企業の技術を用いて、細胞治療、遺伝子治療、腸内細菌標的薬開発で提携するというもので、基礎段階からオープンイノベーションを一気に加速させている。

パーキンソン病で米バイオ企業と

 武田とカプセル化細胞治療技術に強い米バイオ企業「NsGene」は、パーキンソン病に対するカプセル化細胞治療薬の共同研究を始める。今後、武田から研究費の支援を受け、NsGeneが埋め込み型のカプセル化細胞治療デバイスを用いて、パーキンソン病への治療効果が期待される遺伝子組み換え型グリア細胞株由来神経栄養因子を、脳の罹患部位に送達できるよう研究を実施する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録