HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

サリドマイドをFDAが承認‐多発性骨髄腫の併用療法で

2006年5月29日 (月)

 サリドマイドが、多発性骨髄腫治療の併用療法として、FDAで承認された。
 承認されたのは、米セルジーン社の「サロミド」。規格は50mg、100mg、200mgの三つで、デキサメタゾンと併用する。

 サリドマイドには、胎児成長障害の副作用があることから、登録された医師、患者のみに使用することを厳格に定めているシステム(STEPS)がとられる。

 また、承認された併用療法により静脈血栓塞栓症発症率が22%と非常に高かったことから、医師には患者の症状に注意するよう求めることになった。

 日本では、多発性骨髄腫の適応(既治療が効果不十分な場合)で、藤本製薬が希少疾病用医薬品の指定を受けサリドマイドの臨床試験を行っている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録