「フマル酸ケトチフェン」配合のスイッチOTC薬を発売 ノバルティスファーマ、大正製薬

2007年11月12日 (月)

【抗アレルギー薬市場が活性化】

 ノバルティスファーマは、抗アレルギー薬「フマル酸ケトチフェン」を配合したアレルギー専用「ザジテンAL」シリーズを8日から全国の薬局・薬店、ドラッグストアで発売した。また、大正製薬も同成分を配合した点眼薬「アイリスアレスト」を15日から発売開始する。花粉・ハウスダストなどによる目や鼻のアレルギー症状に優れた効果を発揮する。

 「フマル酸ケトチフェン」は、ノバルティスファーマで開発された抗アレルギー薬。日本では1983年に、医療用医薬品のアレルギー性疾患治療剤「ザジテン」としてカプセルが発売されて以来、アレルギー疾患に広く処方されている。

 現在、抗ヒスタミン作用だけを持つ第1世代抗ヒスタミン薬に代わって、医療現場では抗ヒスタミン作用に加えて、肥満細胞からのケミカルメディエーターの遊離抑制や好酸球浸潤の抑制作用を併せ持つ、「フマル酸ケトチフェン」など第2世代抗ヒスタミン薬による治療が主流になっている。

 ノバルティスファーマが行った消費者調査によれば、抗アレルギー薬に対する認知はいまだに低いものの、アレルギー症状誘発の抑制効果を持つ薬を使いたいと望む患者は多く、市場は拡大しそうだ。

 今回、ノバルティスファーマから発売される「ザジテンAL」シリーズは、「ザジテンAL鼻炎カプセル」「ザジテンAL鼻炎スプレー」「ザジテンAL点眼薬」の三つ。

 一方、「アイリスアレスト」を発売する大正製薬はこれまでに、フマル酸ケトチフェンを配合した一般用医薬品として、点鼻薬「パブロン点鼻Z」や内服薬「パブロン鼻炎カプセルZ」を発売している。今回、同社の目薬ブランド「アイリス」から「アイリスアレスト」を発売することで、花粉やハウスダストによって起こる各種アレルギー症状に対応する製品を取り揃えることになる。

 税込み希望小売価格は、「ザジテンAL鼻炎カプセル」が10カプセルで1260円、20カプセルで2100円、「ザジテンAL鼻炎スプレー」が8mLで1449円、「ザジテンAL点眼薬」が10mLで1449円。「アイリスアレスト」は10mLで1480円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録