HOME > 社説 ∨ 

教訓は生かしてこそ教訓

2016年3月11日 (金)

 未曾有の被害をもたらした『3.11』から、今日でちょうど5年が経過する。

 今月8日に消防庁災害対策本部が発表した最新の153報によると、一連の地震による3月1日現在の死者数は1万9418人で、行方不明者はいまだに2592人もいる。さらに原発事故も加わり、復旧・復興の長期化を余儀なくされることになった。やっと更地に建物が見受けられるようになったものの、多くの沿岸部ではかさ上げ工事が続けられている。まだまだ多くの時間が必要だ。

 この近年で最大規模の震災は、想定を超える甚大な被害をもたらしたが、逆の意味で多くの教訓を与えてくれることにもなった。地震発生後は、沿岸部では過去に津波が来なかったとしても、何はともあれ、とにかく急いで高台へ避難すること。このことを子々孫々まで絶対に伝え続けていくこと。

 文明社会は多くの便利さを享受させてくれるが、反面、一旦通常でない状況に陥ると一気に逆転する。電気がなくては非常に不自由な生活になり、車社会となった日本では、ガソリンの枯渇によって足自体を奪われたも同然だった。

 医薬品関連では、特に薬を届ける医薬品卸の重要性が示された。停電で暗いセンターから薬を運び出し、瓦礫で寸断され、津波に水没した道をひたすら進んで、必要とされる現場に薬を届け続けた姿は、今も語り継がれている。

 東日本大震災以降に稼働・竣工した医薬品卸の物流センターは、おしなべて「3.11」の教訓を取り入れている。できるだけ津波の影響を受けない高台に位置し、免震・耐震構造や72時間自家発電装置などは、もはや必須アイテム化しているほどである。

 ある医薬品卸のセンターでは、庫内に自由になるスペースを確保して緊急時の荷さばき場所とすることや、入出庫トラックヤードを複数設けている。また、5年前に学んだ教訓を生かし、天井ボードを無くし空調設備も床に下ろして設置した。また、センター機能を稼働させる自家発電装置の重油のほか、通勤用のガソリン、人が働く上で必要になる水や食糧の備蓄も、5年前に学んだことである。

 何があっても薬を届けるという使命を担っている医薬品卸は、考えられるリスクを可能な限り小さくしていくことに努めている。

 直接の被害を免れた首都圏では、数百万人という帰宅困難難民が発生した。そのため、ハートに足が生えたマークでおなじみの災害時帰宅支援ステーションを9都県市で整備を進めており、数多のコンビニ、ファミリーレストランなどが参加している。

 自然のスケールは人間の想定内でないことを知らされた。有史以前から教訓を学んできたが、それを忘れるのも人間である。教訓は学んだだけでは意味はない。生かして次へつなげることにこそ意味があることを、自身も含めて忘れてはならないことだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

社説 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録