経皮吸収型鎮痛・抗炎症剤「ロキソニンパップ100mg」を発売 三共

2006年6月2日 (金)

 三共は5月23日、非ステロイド性抗炎症剤含有の経皮吸収型鎮痛・抗炎症剤「ロキソニンパップ100mg」(一般名:ロキソプロフェンナトリウム)を発売した。変形性関節症、筋肉痛、外傷後の腫脹や疼痛を抑える。

 ロキソニンは錠剤と細粒があったが、今回の貼付剤は1日1回の貼付で薬効を発揮するため、コンプライアンスの向上が期待されるという。薬価は1枚53・50円。

 同剤は、リードケミカルが製造、三共が販売を担当し、初年度には15億円、ピーク時には100億円の売り上げを見込む。

 三共は、同剤の発売によってロキソニン全体の薬価引き下げの影響をカバーしたい考え。7・5%の引き下げがあったが、2006年度は前年度並みの285億円の売り上げを計画している。そのため同社は、MR1300人体制で整形外科、内科、外科を中心に営業活動を展開するという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録