HOME > 無季言 ∨ 

薬剤師も警察官や先生と同じように、“職責”を果たすべき

2007年12月7日 (金)

◆警察官や学校の先生は自らの行動を律し市民や生徒の手本となることが求められている。泥棒などの悪事を働くと一般人も当然罰せられるが、それが警察官や学校の先生になるとマスコミから集中砲火を浴びることになる
◆だが、患者に病気の治療や健康指導などをする医師や薬剤師が病気や体調を崩したからといって、それほど非難されるわけではない。ただ、医療関係者が病気になると患者の前では威厳も失ってしまいかねない
◆「薬剤師も警察官や先生と同じように、自らの健康を守るという“職責”を果たすべきだ」というのは元奈良県薬剤師会会長で健康実践家と自称する喜多稔氏の持論だ
◆書物等を参考に独自の健康法は数知れず。1日2食で米は食べず、深夜遅くに就寝する。持ち歩くブドウ糖を口に含み脳を活性化させる。ここ最近は肉食ばかりの食生活だという。それで80歳という年齢を忘れさせるような元気さを保っているから恐れ入る
◆さて自分も健康を実践しようと思い、まずは外出先から帰ったときの手洗いとうがいから始めている。今年のインフルエンザの流行は早くから始まっているというから。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録