APEC対象にセミナー、来年1~2月にかけ開催へ 医薬品医療機器総合機構

2016年9月7日 (水)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2017年1~2月にかけてAPEC(アジア太平洋経済協力)地域の薬事規制当局担当者を対象としたセミナーやワークショップを東京で開催する。1日に厚生労働省が発表した。

 セミナーおよびワークショップは、アジアの薬事規制当局担当者に対する日本のレギュラトリーサイエンスのノウハウや薬事規制制度の理解促進を目的とし、PMDAが4月に設置したアジア医薬品・医療機器トレーニングセンターの事業の一つとして開催する。

 来年1月23~26日の4日間、多地域臨床試験の審査やGCP査察の実施方法に関するセミナーを行い、総括を行うワークショップを同月27日に開催する。

 なお、ワークショップは産業界やアカデミア、マスメディアなどの参加も可能で、デューク・シンガポール国立大学や北京大学で実施されたセミナーの内容も紹介するほか、今後の研修カリキュラムなどについて意見交換を行う。

 また、2月6~9日には、医薬品・医療機器安全性監視に関するセミナーを行う予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録