HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京医薬品卸協】国民医療へ一層の貢献誓う‐60周年で祝賀会

2016年9月14日 (水)

講演する二川厚労事務次官

講演する二川厚労事務次官

 東京医薬品卸業協会は9日、都内で創立60周年特別記念講演会・祝賀会を開催した。厚生労働省の二川一男事務次官が「医療・医薬品分野を中心とする社会保障の展望」をテーマに講演し、人口推移、社会保障需要、厚労・社会保障費の概要などを説明し、特に、社会保障財政上では、地域医療構想による医療の効率化と、品質と安定供給を備えたジェネリック医薬品(GE薬)の推進が重要だと指摘した。医薬品流通では、単品単価、妥結率、医療用医薬品へのバーコード表示を課題として挙げた。

 祝賀会であいさつした長福恭弘理事長は、医薬品卸の戦中戦後の変遷について触れた後、東京医薬品卸協は2009年に現在の一般社団法人になったが、「設立当初の精神は脈々と受け継がれ、平時はもちろん、阪神淡路大震災や東日本大震災などの災害緊急時にも確実に医薬品を届け、国民医療へ貢献できるよう事業展開してきた」と60年を振り返った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録