「アポスティー」から初のスキンケア内服剤 ゼリア新薬

2007年12月26日 (水)

 ゼリア新薬は、スキンケアブランド「アポスティーシリーズ」の新製品として、しみ、そばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着に効果のある「アポスティーEC+B」を新発売した。同品は、クラシエ薬品が一昨年に発売した「アプレアEC」の営業権を譲受し、新たな製品名としたもの。

 「アポスティーEC+B」の特徴は、ビタミンB2、B6及びニコチン酸アミドを独自の割合で配合した「B-Mixia」(ビー・ミクシア)と、天然型ビタミンE、ビタミンCを配合していること。ビー・ミクシアは、メラニン生成に関係するホルモンの調整に関与し、色素沈着をできにくくする。同社では「体の中からメラニンコントロール」をキャッチコピーに、アポスティーシリーズ初の内服剤として積極的に営業活動していく。税込み希望小売価格は60錠1980円、120錠2980円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録