HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医】GE薬調査を中間報告‐品質には一定の評価

2006年6月16日 (金)

 日本医師会は定例会見で、現在進めているジェネリック(GE)医薬品緊急調査の中間報告を示した。内用薬だけの結果であるが、全般的には品目を厳選すれば、ある程度の効果等が期待できるとした。しかし、選択するためのデータが不足していると問題点も提起した。今後はさらに調査客体を増やすと共に、注射薬、外用薬についても調査を行う考えを明らかにした。

 調査は、今回の診療報酬改定で処方せん様式が変更されたことや、テレビCM等により現場で混乱が生じていることから、GE薬の実態を把握するために実施しているもの。GE薬の品質、効果、副作用、安定供給、情報提供、問い合わせ窓口などを聞いている。

 現段階では内用薬について、約80件の意見が寄せされているという。品質は6割程度が信頼できるとしているが、効果については3分の2が、また安定供給は4分の3が「問題がある」としている。

 会見した飯沼雅朗常任理事は、「全体的には厳選して使えば問題ない」という結果だと説明しながら、「厳選するためのデータが不足していることから、データ整備が課題となる」と指摘した。さらに、「内服薬に限って調査してきたので、今後は注射薬、外用薬も調べ、その上で厚生労働省に対策を働きかけていく」と述べた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録