HOME > 無季言 ∨ 

宮島氏辞職に想う

2008年2月20日 (水)

◆医薬品医療機器総合機構の宮島理事長の辞職から約1カ月。辞職は、厚労省医薬局長だった2002年当時、薬害肝炎被害者リストを放置したとされ、被害者の救済金を支払う機構のトップにふさわしくないとの強い批判が背景とみられる
◆何か違う、と思ってきた。モノを規制する薬事法に忠実である限り、個人に感染を告知し検査を促すのは法の外。同省は、有識者の意見を踏まえて広く検査を呼びかける方針にあった。それでも一定の責任はあると思うが、責めを負うのは宮島氏だけか。後の歴代局長、関係局幹部は?
◆近年、最も優れた局長だったという思いも重なる。02年の改正薬事法は制定以来の大改正。国際競争力強化、バイオ医薬の安全対策と、今日を見越した規制を作った。血液事業法も制定、懸案の国内自給に道をつけた。見識の高さと共に、局に活発に議論できる環境を作った結果だ。業界、薬害被害者の信頼もあった。両法は全会一致で成立した
◆天下りとはいえ、総合機構は承認審査、安全対策を担い、一つ間違えば被告席行きのポスト。宮島氏は使命感を持ち取り組んでいた。外部からという後任選びに際し、書いておきたかった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録