9月21日に公開シンポジウム『ゲノム・トランスクリプトームが拓く未来の医療イノベーション』開催 理化学研究所

2017年7月21日 (金)

開催日時

平成29年9月21日(木)13:30-16:40(受付:13:15~)

場所

TKP品川カンファレンスセンター8F(JR品川駅 高輪口 徒歩1分)
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa/access/

主催

理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 機能性ゲノム解析部門

概要

本シンポジウムでは、将来の医療を見据えて、ゲノム情報だけでなくトランスクリプトーム(遺伝子発現情報)も含めた総合的なデータ解析から導かれる最前線の研究に触れる機会をご提供いたします。集積されている臨床データに加えて最新の人工知能(AI)を駆使することにより、これまで以上に迅速かつ適切な予防・診断・治療が現実的になり、さらなる医療イノベーションをもたらす可能性が見えてきます。

今回は、初期胚発生からアレルギー疾患に至る幅広い分野において著しい成果を収めているJuha Kere博士(カロリンスカ研究所、ロンドン大学キングズカレッジ)に基調講演をお願いしています。

疾患の原因解明や治療方法に処する医学・生命科学研究などに日々取り組んでいらっしゃる大学や研究機関、製薬会社の基礎研究ならびに研究開発に携わる多くの方々のご来場をお待ちしています。

講演者

基調講演:Juha Kere(King’s College London, UK/Karolinska Institutet, Sweden)
講演者:岩田 岳(東京医療センター)、赤坂 亮(日本IBM)、村川 泰裕(理化学研究所)
オーガナイザー:岡崎 康司(理化学研究所)
ファシリテーター:八木 研(理化学研究所)
言語は主として日本語です。一部英語のプレゼンテーションがあります。

プログラム

こちらからご覧ください。
http://www.clst.riken.jp/ja/topics/event/170921event/

参加費

無料

参加申し込み

参加申し込みは下記URLのフォームよりお願いいたします。
http://www.clst.riken.jp/ja/topics/event/170921event/
9月10日までにご登録ください。直接会場にいらしていただくことも可能ですが、人数を把握したいためできるだけ期日までにご登録いただけると助かります。

お願い

ご来場の際には受付でお名刺をお渡しいただきたいと存じます。

問い合わせ先

国立研究開発法人 理化学研究所
ライフサイエンス技術基盤研究センター 機能性ゲノム解析部門 シンポジウム担当
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel:045-503-9237
E-mail:genas.sympo@ml.riken.jp




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録