アトピー性皮膚炎の重症度を判定「アラポートTARC」 塩野義製薬

2008年3月3日 (月)

 塩野義製薬は29日に、アトピー性皮膚炎の重症度を評価する体外診断用医薬品「アラポートTARC」を新発売した。

 「アラポートTARC」は、ケモカインの一種でアトピー性皮膚炎の症状を増悪させる“TARC”を、簡便に測定できる免疫学的検査用キット。TARC値を用いたこれまでの多施設間臨床試験では、従来の血液検査値(総IgE、LDH、好酸球)に比べて、標準的な治療による皮膚症状の変化の程度を、短期間でしかも的確に反映して推移することが確認されている。

 新製品の特徴は、[1]簡便な血液検査によってアトピー性皮膚炎の重症度評価の一助となる[2]専用機器などの特殊な装置を必要とせず、研究室、病院・検査室などの施設で、簡便操作かつ少量検体(50μL)での測定が可能[3]アトピー性皮膚炎患者の血清TARC測定に適した12508000pg/mLの測定範囲のため、高値検体を希釈する頻度が少なく効率的――など。

 塩野義製薬では、「アラポートTARC」の発売により、「クラリチン」「リンデロン」などのアレルギー性疾患治療薬と共に、アレルギー性皮膚炎の診断から治療までの幅広い貢献を目指す。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録