HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん研究センター】RET肺癌の新治療法等に「S」‐16年度自己評価を提出

2017年8月8日 (火)

 国立がん研究センターは2日、厚生労働省の国立研究開発法人審議会高度専門医療研究評価部会に、2016年度の業務実績の自己評価を提出した。8評価項目のうち、「担当領域の特性を踏まえた戦略的かつ重点的な研究・開発の推進」など3項目に5段階評価で最高の「S」をつけた。

 担当領域の特性を踏まえた戦略的かつ重点的な研究・開発の推進については、肝臓癌300例のゲノム情報を解読したほか、日本人の肺腺癌の半数を占めるEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌について、罹患しやすさを決める遺伝子領域を発見し、肺腺癌のかかりやすさに遺伝要因が関係することを明らかにした。また、進行したRET肺癌の患者に対して分子標的治療薬「バンダデニブ」が有効であることを世界で初めて示したことなどから、最も高い「S」評価をつけた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録