HOME > 無季言 ∨ 

医薬分業の歴史を学ぶ機会を

2017年9月27日 (水)

◆ある職能団体の幹部と話していた時のことだ。薬学教育について話が及んだ際、欧米諸国に比べて日本では薬剤師や薬学、医薬分業の歴史などがあまり重視されず、十分な時間数が割かれていないとの実情を聞いた
◆現在、薬局・病院などで調剤業務等に携わる薬剤師の多くは、薬局・病院の薬剤師職能、医薬分業がどのような経緯を経て、今日に至ったのかをよく理解していない世代ということになる。果たしてそうなのかと思いつつも、昨今の医薬分業バッシングを例に挙げるまでもなく、歴史的な背景を知らないことによる“歪み”は、既に生じていると感じざるを得ない
◆当たり前のことだが、医薬分業は何の苦労もなく進んだわけではない。明治、大正、昭和期にかけて、先人たちの血のにじむような努力があって、今日の姿になった
◆もう、歴史を教えられる人が少なくなってきているという話も聞くが、医薬分業の歴史を学び、本質を知ることは、薬剤師として働く上で大切なことだと思われる。ぜひとも充実させてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録