11月22日にエキスパート研修会専門コース「MedDRAを用いて『安全性データベース』を一層活用するためには?―今さら聞けないMedDRA SMQの活用のための基本知識」開催 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団

2017年10月16日 (月)

 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団=エキスパート研修会専門コース「MedDRAを用いて『安全性データベース』を一層活用するためには?―今さら聞けないMedDRA SMQの活用のための基本知識」を11月22日午後1時から、東京渋谷の日本薬学会長井記念ホールで開く。

 近年、国内ではGPSP省令の改正や科学的な安全対策の高度化等を推進するため、「医療情報データベース(DB)」等の安全対策への有効活用が求められる時代となっている。

 そこで、今回の研修会では、これまでのMedDRAの研修では、ほとんど取り扱われてこなかったMedDRAでコーディングされたDBでSMQを有効活用するための注意や知識を含め、JADAR、米国FDAのFAERSデータ活用の事例などを紹介する。

 さらに冒頭では、将来を見据えたビッグデータ時代の医薬品安全性監視について特別講演を予定している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録