HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ジーンプラバ、営利率20%上乗せ‐25品目を22日付で薬価収載

2017年11月17日 (金)

 厚生労働省は22日付で、新薬12成分25品目を薬価基準に収載する。内訳は、内用薬が5成分7品目、注射薬が6成分17品目、外用薬が1成分1品目。クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発抑制を効能・効果とするMSDの抗菌薬「ジーンプラバ点滴静注」には原価計算方式を適用し、20%の営業利益率を上乗せした。15日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。

 表:新医薬品一覧表(2017年11月22日収載予定)

 ▽ジーンプラバ点滴静注625mg(MSD):ベズロトクスマブ(遺伝子組み換え)を有効成分とし、クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発抑制を効能・効果とする抗菌薬。原価計算方式で算定した。同剤は、クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発リスクのある患者に抑制効果が認められたこと、既存薬と異なり新規作用機序を持つことなどから、平均営業利益率のプラス20%を適用した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録