HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【関西の薬剤師グループ】筆談では意思疎通不十分‐ろう者の支援「一緒に考えて」

2017年11月24日 (金)

 耳が聞こえないろう者の服薬を支援する、関西の薬剤師グループの活動が今年で5年目を迎えた。大阪や兵庫で年1回開かれるろうあ者文化祭などでお薬相談会を開き、薬に関する様々な相談に応じてきた。これまでに相談を受けた事例を分析したところ、手話で対話できる環境が十分に整備されておらず、筆談などでは医療従事者との意思疎通を図りづらいために、副作用が見過ごされたり、薬を正しく服用できなかったりするろう者が少なくないことが改めて浮き彫りになった。こうした問題があることを多くの薬剤師が認識し、どうすればより良い医療を提供できるのかを一緒に考えてほしいと呼びかけている。

 ろう者を対象にしたお薬相談会は、ろう薬剤師の柴田昌彦氏(大阪急性期・総合医療センター薬局)が1人で実施してきたが、2013年から聴者で手話に長けた大熊理恵子氏(ダイガク薬局むろまち)、杉山晶氏(テイコク薬局江坂店)が加わりグループで開催するようになった。その後も薬局薬剤師や医師が仲間になり、現在は毎回5人前後の薬剤師らが、ろう者の相談に応じている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録