HOME > 無季言 ∨ 

ゴールを見失わないように

2018年2月7日 (水)

◆中医協が2018年度診療報酬改定の個別項目の議論を終えた。調剤報酬では、現行の「基準調剤加算」を廃止し新設される「地域支援体制加算」や、敷地内薬局を想定して点数を低く設定した「特別調剤基本料」などに関心が集まっているようだ
◆具体的な点数や要件が決まれば、医療経営コンサルティング会社などが中心となり、「どうすれば点数がとれるか」「減った収入をどの加算で補うか」などの対策が出てくる
◆ただ、院外処方箋発行枚数が頭打ちになり、調剤薬局が飽和状態になる中で、調剤に特化したビジネスモデルがいつまで続くのかということは、頭の片隅に置いておかなければならない
◆薬剤師法第1条の「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」を例に挙げるまでもなく、調剤は、あくまで「国民の健康な生活を確保する」ための一手段。手段が目的になってしまわないためにも、ゴールを見失わないことだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録