HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】今夏に熱中症対策実施‐調剤報酬改定にも言及

2018年3月23日 (金)

 日本保険薬局協会(NPhA)は今夏、社会貢献の一環として熱中症対策に取り組む方針を固めた。16日の定例会見の中で杉本年光常務理事が公表した。会見で杉本氏は、薬局を炎天下に涼を求め、逃げ込む先「クールオアシス」と捉え、活用してほしいとの考えを示した。具体的には、水や塩飴などを提供していくこととし、ステッカーなどの制作を進めている。

 また、2018年度診療報酬改正について杉本氏は、自社を例に挙げ「中堅にとっても極めて厳しい改定で、おそらく利益は半減すると思う。16年度改正では9、10月ごろには水面に顔を出せる状態までなったが、今期中は無理だと思う」と語った。さらに、「チェーン薬局の多くは電子お薬手帳への対応など、必要な投資は終わっているので、今後は、個々の薬局(店舗)ごとにどう目標をクリアしていくかにかかっている」した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録