HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【財政審】かかりつけ薬局に誘導策を‐地域別の診療報酬設定も

2018年4月16日 (月)

 財務省の財政制度等審議会財政制度分科会は11日、社会保障改革に向けた議論を開始した。高齢化の進展により、現役世代の支え手が減少し、医療の高度化・高額化が進むと予測。医療費の適正化に向け、地域別の診療報酬を設定することを求め、調剤業務の需要に見合わない薬剤師や薬局数が増えた場合、調剤技術料を引き下げる活用例を提示。かかりつけ薬局に患者を誘導するため定額負担に差を付けたり、費用対効果が悪い新薬の保険収載見送りなどを提言した。

 同分科会は、社会保障制度改革について、高齢化の進展と現役世代の支え手減少、医療の高度化・高額化という社会構造の変化を指摘した上で、持続可能性を踏まえた保険給付範囲とし、保険給付を効率的に提供する方向性を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録