HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】ベルケイドに後発品が参入‐ウェバー社長「成長維持は可能」

2018年5月18日 (金)

 武田薬品のクリストフ・ウェバー社長は、14日に開催した決算説明会で、「2018年度は抗癌剤のベルケイドの後発品参入で減少影響があるが、売上・利益の成長モメンタムは維持できる」と述べ、為替の影響を除く実質的な売上収益は一桁台前半、実質的なコアアーニングスは一桁台後半、実質的なコアEPSは10%台前半の成長率を見込んでいるとした。

 ウェバー氏は、増収大幅増益となった17年度について、「素晴らしい成果だった」と述べた。2月時点で実質的なコアアーニングスは「20%台後半」、コアEPSは「20%台半ば」としていたが、それぞれ40.2%、44.8%とガイダンスを大幅に上回った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録