HOME > 無季言 ∨ 

来日後は8割が“湯船派”に

2018年05月28日 (月)

◆昨今は主要な繁華街を歩くと、訪日外国人観光客の増加が顕著なことを、身をもって感じられる。様々な国の人たちが日本の文化に注目する中で、温泉をはじめとした“湯船に入浴する”という行為を体験する外国人も増えている
◆花王が昨年8~9月に日本在住の外国人に行った調査によると、来日前はシャワー派が半数以上だったのが、来日後は8割の人が“湯船派”となっていた。さらには、来日前より湯船入浴が好きになり、入浴時間も長くなっていた
◆では日本人はどうか。同社は2005年から毎年、1日当たりの湯船入浴時間を調査(600人を対象)しているが、年を追うごとに減少傾向にあり、17年は9.7分と調査開始時に比べて約16%短くなっていた
◆日本人は約9割が「湯船に入る入浴は好き」と回答しているが、仕事や家事、育児などの忙しさもあり、短めの入浴になりがちのようだ。湯船に浸かり、気のおけない連中と忌憚なく語り合う“銭湯文化”が、ストレス社会の今こそ必要なことを、外国人から教えられているような気がする。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報