HOME > 無季言 ∨ 

「ひさやま元気予報」

2018年6月1日 (金)

◆福岡県久山町と九州大学、DeNAは、久山町と九大が行っている疫学調査「久山町研究」の研究成果に基づき、「ひさやま元気予報」を開発し、ICTを活用した健康増進への取り組みを久山町民に向け今夏から開始する
◆「元気予報」は、各疾患の将来の発症に関する情報を感覚的に把握できるよう、健康診断の結果から疾患に関する情報を天気と色で表示する。また、各疾患の5年後、10年後、15年後の発症確率をシミュレーションし、具体的な行動に結びつけやすくしている。糖尿病と心血管病変の発症に関する提供を開始し、今後認知症などの項目は随時追加していく予定だという
◆久山町研究は1961年から開始されており、最大の特徴は正確な死因が分かる剖検の実施率が高いこと。追跡調査の確率は99%以上。40歳以上の住民を5年ごとに新しく加えるため、生活習慣の移り変わりの影響なども知ることができる
◆久山町研究は多くの関係者から注目を集めている。今回のような取り組みが全国的に広がることが期待されるところだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録