HOME > 無季言 ∨ 

夏バテ予防を工夫して

2018年7月13日 (金)

◆今年、関東甲信地方の梅雨明けは早かった。気象庁が「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」と発表したのは6月29日。これは昨年より7日早く平年より22日も早かった。関東甲信で6月に梅雨明けするのは、統計を開始した1951年以降で初めてだという
◆一方、ここ連日は非常に暑い日が続いており、今夏は全国的に暑い夏になるとの予想が当たっているようだ。そうした中、インテージでは首都圏の16~69歳の男女2582人を対象に、「夏バテ」の実態調査を実施。このほど結果を公表した
◆主な結果をみると、夏バテの経験率は約4割で、女性の方が経験率が高い。主な症状は「ダルさ・疲労感」で、メジャーな予防策は「水分補給」や「睡眠」など
◆また調査では、女性が夏バテ予防として飲料/食材を積極利用していることも判明。納豆や旬の夏野菜、スポーツドリンクなどと共に、冬にとるイメージがある「しょうが」も挙がった。今後もまだまだ暑い日は続く気配。これら飲料/食材等もうまく利用し、夏バテ防止に努めたいと思う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録